Loading...

Dec 21, 2017

日本政府は、中国への不法な象牙輸出を抑制するよう要請した

日本は、中国への不法な輸出を抑制し、法的規制を厳しく規制していない国内販売を監視しないことで、国際的に拘束された象牙貿易に燃料を供給している、との見通しを示した。


日本政府は、象牙貿易問題に優先的に取り組むために、協調して取り組む必要がある」と、日本の記者会見で新たな調査報告書を発表した。


(WWFジャパン)


具体的には、日本の象牙でのオンライン取引が活発に行われることを即座に禁止し、中国のバイヤーを中心に象牙を販売する観光地の店舗を取り締まることを強く要請した。


東京、大阪、京都の観光地にある430店舗の屋台を対象に、トラフックの調査員が行った市場調査の結果が掲載されています。


多くの場合、ベンダーは誤って、小さな象牙品を日本から外すのは「罰金」であると顧客に気づいた調査官に語った。


一部の日本製品目は、中国の顧客向けに特別に設計されたもので、中国の所有店舗で販売されていたため、「違法輸出のための象牙の生産と販売をターゲットにしている」と示唆しています。


トラフィックはまた、何千もの象牙製品が販売されているYahooオークションを含むオンラインオークションサイトを精査し、数十のアンティークディーラーや専門ディーラーの電話調査を行った。


「この調査の結果は、国内の象牙市場の利用可能性は、骨董品や観光市場からの不法象牙輸出のための商品の調達と、物理オークションやオンラインオークションを対象としていることを明らかにした。


このような業務の一部は、日本の様々な市場で集められた主要な発作や証拠に関連する調査から集められた、日本から中国への違法輸出象牙犯罪の組織的な犯罪ネットワークの特質をあらわしている」


象の密猟は2006年以来急速に増加しており、アフリカでは毎年2万人以上が死亡しています。記録によると、大規模なアイボリー発作は昨年、記録的な高値を記録し、ほぼ40トンが押収された。


世界最大の陸棲哺乳類の大量殺戮により、昨年の決議で「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」の締約国は、「密猟や違法貿易に貢献する」法的国内象牙市場が閉鎖されるよう促した、緊急を要する。


CITESの決議はさらに、そのような市場は、合法性の偽装による違法象牙の洗濯のために、ゾウの個体群へのリスクを増大させる可能性があると述べた。


世界最大の象牙の消費者である中国は、2017年末までに国内象牙市場の閉鎖を宣言した。


(WWFジャパン)


しかし、日本は、CITES勧告が適用されないと主張して、開かれた状態を維持することを主張している。


1989年にCITESの国際貿易禁止措置が発効する前に蓄積された巨額の国内備蓄からのものであるため、市場は厳格に規制され、国内販売はアフリカゾウの密漁危機を悪化させないと主張している。


ますますそのような象牙の所有者はそれを処分しており、その結果、毎年約10トンの法定貿易が新たに登録されている。


交通事故対策プログラム担当官北出友美は、日本の緩い規制が頻繁にかつ深刻に違反していることを説明し、逮捕、起訴、フォローアップの捜査はほとんどなく、


彼女は、「今日の象の密猟の主な原因となる中国市場」と呼んで、日本の象牙輸出を続けることが許されれば、中国の市場閉鎖と密猟と違法貿易の阻止を脅かすだろうと警告した。


TRAFFICの発作記録のレビューによると、2011年から2016年の間に中国の法執行当局によって日本からの生象と労働象牙の2トン以上が押収されたことが明らかになりました。


北出は、これが「氷山のちょうど一角」と示唆した。


彼女は昨年、中国貿易のウェブサイトから購入された100キログラム以上の象牙と彫刻された象牙の1,639個の摘発と逮捕された象牙804 kgの前年の中国の税関当局の押収を引用した。


以前、中国の密輸業者は、18カ月間にYahooオークションで合計3.2トンの象牙を日本から持ち帰ったことを告白した。


「日本の市場が直接「密猟」に寄与しているとの証拠はほとんどないが、「違法貿易」に寄与していることを示唆する相当な証拠がある」と、トラフィックの報告書は結論付けている。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿