Loading...

Feb 1, 2018

Pro-N。韓国の団体が英語学習ツールの違法販売を激怒

前日に警視庁は、オンラインで英語を使った学習教材を違法に販売していたことを理由に、前日に支店長を逮捕した後、平壌(ピョンヤン)の親会社の東京支店の1つを襲撃した。


全羅南道(チョンリョン)と呼ばれる在日朝鮮人民総会の東京支部長を務めるチョン・ジュンヒョク(45)は、オンラインオークションやインターネットフリーマーケットを通じて資料を販売することで、3000万円(274,000ドル) 2012年3月から2017年10月の間に警察によると、


Pro-N。韓国の団体が英語学習ツールの違法販売を激怒 photo


調べによると、報道官によると、チョン氏は東京本社の高官に忠誠(チョンリョン)氏が2人のうちの1人を送っていたことを明らかにした。


北朝鮮に対するミサイル発射や核実験の繰り返しに伴い、日本をはじめとする諸国が北朝鮮制裁を強めているため、逮捕された。


ちょうど昨年1月から6月までの間に、教科書を使った約180万円の授業料が無職で販売されていた。警察によると、同氏は容疑を認めるが、許可を得る必要があるかどうかは分からないと述べた。


警察は、10月にチョン氏の家と長老府支部を捜索し、パソコンと教材を押収した。チョンはそれ以来支店長として踏み込んだ。


彼は、彼が集めた資料を保管するため支店を利用していたと言われています。


オークションのユーザーの1人が警察に英語の学習キットにCDがないと訴え、売り手が購入した商品の返品と払い戻しの要求を拒否した後、その事件が起こった。



@京堂



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com