Loading...

Dec 25, 2017

老齢人口、日本のペット犬の繁殖数の背後にある費用

老齢人口、日本のペット犬の繁殖数の背後にある費用 photo


日本の老齢人口と犬の飼養コストは、1994年に年次調査が始まって以来、今年初めて猫が追い越され、ペット犬の飼い犬数の減少に寄与した可能性が高いとの見通しを示した。


「ペット犬の数が減少した最大の理由は、おそらく少子化と人口の減少である」と大手ペット会社Aeonpet Co.の52歳の広報担当石田智子氏は語った。


彼女は、犬は毎日散歩に連れて行く必要があり、予防接種を受けることを法的に義務づけられているため、犬はより大きな注意を必要としているという認識のため、老人が犬を諦めて猫を飼っているという。


日本ペットフード協会の調査では、2017年にペット猫が925万6000人で、近年はほぼ変わらず、犬は892万人に3年連続で減少した。


日本初の犬を上回るペット猫の数: 調査


同協会によると、犬の平均寿命は約160万円(約14,000ドル)、猫は約108万円と推定されている。このギャップは人々の選択に影響を与える可能性がある。


岐阜県獣医医学会の69歳の石黒俊治さんは、「犬を飼っていたベビーブームが増えれば、新しい犬を歓迎している」と述べ、死ぬまで彼らを世話することができないかもしれないと懸念している犬の平均余命は現在14年を超えています。


また、ペット犬の価格も急騰しています。改正された動物保護法の下で強化された規制により、ペットの犬の供給を鈍らせたブリーダーの数が減少した。


「ペットショップで販売されている犬は現在数十万円の費用がかかる。財政的に苦労している若者は犬を飼うことができない」と石黒氏は話す。


ペット犬の70%以上が店などで購入されていますが、多くの所有者は贈り物や迷惑をかけて猫を無料で飼い始めています。


しかし、猫のオーナーには心配もない。環境省によると、公衆衛生当局は2016年度から2017年3月までに約4万匹の猫が死亡し、約1万匹であった。数字には迷子の猫が含まれていますが、多くは放棄されたと考えられていた元のペット猫です。


放置されたペットを保護し、新しいオーナーとマッチングさせる団体のミゴンプラン社長の友森良子(40)は、「猫は運動が必要だ。食べ物だけを必要とする動物ではない」と、彼らは簡単に行くことができ、無人で放置することができると信じています。


彼女は早朝の泣き声のような一般的な猫の習慣に精通していない所有者から、組織がますます苦情を受けているという。


「今では猫を屋内に飼うことが一般的になり、人々は家族として彼らを歓迎する。私は所有者がペットとして飼う前に習慣を完全に理解してほしい」



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com