Loading...

Mar 1, 2018

マウンテンビュー日本の南西部で阿蘇火口が再開


熊本県熊本市では、地元当局が水曜日に山岳火口を再開した。阿蘇火山活動の減少と安全対策の設置に続いて3年半で初めて観光客に。


噴火面積は1,592mで、2014年8月に小規模な噴火で閉鎖された熊本県の人気観光地の一つです。


地方自治体や観光産業の約60人が、再開を祝うために火口から1キロ離れた公園で式典に出席した。彼らは、2016年4月にこの地方を襲った一連の巨大地震の影響を受けて、地元経済の活性化につながることを期待しています。



「熊本県の地震からの復興を促進するための措置を講じており、観光客に火口地を再開させて本当にうれしい」と佐藤義雄市長は記念式典で述べた。


しかし、2016年10月の大規模な噴火で重大な被害を受けた後、公園と玄関口をつなぐゴンドラ・リフト・サービスの運行は中断されている。代わりにシャトルバスが利用可能であり、有料道路を通る入り口。


気象庁は小規模噴火を確認し、2014年8月に火山の警戒レベルを2段階に引き上げ、地方当局が火口から1キロ圏内に入るようにした。


警戒レベルは2017年2月に1に低下し、火口地帯に入ることができましたが、火山ガス探知器を設置し、2016年に発生した大規模な噴火で破損した後に落下防止柵を修復するのに時間がかかりました。




@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com