Loading...

Jan 9, 2018

日本は衛星によるカーナビゲーションによる災害情報提供を拒否



政府は、日本の衛星システムを利用した車両ナビゲーションシステムを通じて、災害に関する情報を運転手に提供することを決めたと政府筋が明らかにした。


政府は、2011年の大地震と津波の際に、車内の多くの人々が重要な情報を迅速に得ることができなかったため、2018年度の早い時期に開始できるサービスを導入したいと考えています。


同社の衛星を利用したシステムは、携帯電話網を含む他の通信インフラに比べて、災害による施設の損傷や紛失の可能性があるという点で有利だという。


情報源によると、政府は車両ナビゲーションシステムに特定のソフトウェアをインストールする必要があるため、企業に協力を求める計画を​​立てている。


政府は今年11月、和歌山県と高知県で実証実験を実施しており、ミチビキ衛星を経由して「津波警報」を出した。


これとは別に、衛星を利用した安全確認システムの構築も予定している。避難所に設置されたシステムに避難者が名前やその他の情報を入力すると、家族や友人の安全を確認することができます。


政府は、2018年度に5つの自治体に試行的に安全確認システムを導入する予定で、2021年度には20カ所に拡大することを望んでいるという。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿