Loading...

Dec 18, 2017

トヨタ、2025年までにすべてのモデルに電化オプションを提供



トヨタ自動車は2025年頃までに、すべての車種に電化オプションを提供することを目指していると発表した。これは、成長市場である緑色の市場のチャンスを追求する準備ができていることを示している。


日本の自動車メーカーは、2020年に中国で全電気自動車を展開し、日本、インド、米国などの他の市場に拡大する計画で、バッテリー電気自動車の車種を10 2020年代前半。


2020年代には、プラグインハイブリッド車と水素燃料電池車のラインナップを拡充する予定です。


この発表は、トヨタが先週パナソニックと安全かつエネルギー効率の良い充電式自動車バッテリーを共同開発することを発表した後、2030年までに全世界販売の半分以上の550万台の電化車を販売することを目指している。


より厳しい排出規制の波は、自動車産業が環境にやさしい自動車、特に全電気モデルに移行するように押し進めている。


英国とフランスは、2040年までにガソリンやディーゼル車の運転を禁止する計画だが、世界最大の自動車市場である中国も同様の動きを模索している。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com