Loading...

Mar 30, 2018

捕鯨ドキュメンタリーを鑑賞する日本の映画祭

世界の野生動物のドキュメンタリーを展示する日本の映画祭では、日本の捕鯨とイルカ狩りの伝統を国際的に論じる映画が選ばれました。


第13回日本野生動物祭は、40カ国以上からの286のエントリーの中から、八木慶子初監督による「ビハインド・ザ・コーブ」2015映画とファイナリスト7作品を選出したと祭り主催者が語った。


捕鯨ドキュメンタリーを鑑賞する日本の映画祭 photo


オンナロと呼ばれるフィンランドの核廃棄物貯蔵施設の映画「イントゥ・エターニティ」と8人のファイナリストは、月曜日から火曜日まで東京女子大学で無料で展示される。デンマークのディレクター、マイケル・マドセン監督の「イントゥ・エターニティ」は、映画祭で特別審査のために招待されました。


八木は、2月のロンドン国際映画祭でフィーチャー・ドキュメンタリー賞を受賞した「Behind the Cove」の制作について、火曜日に演説する。


野生動物の映画祭は1993年に初めて開催されました。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com