Loading...

Oct 18, 2017

北海道に行方不明になった4人が生きていた

北海道に行方不明になった4人が生きていた photo


旭山、雪山で行方不明になった四人。北海道最大の旭岳は水曜日の午後に生きていたと警察が報じた。


日本人2人とアジア人2人のうちの4人はすぐに病院に運ばれる可能性があります。


警察は火曜日午後7時35分ごろ、日本人男性からの助けを求めた。火曜日には、2,291メートルのピークを下って道を失ったという。


彼女がシンガポール人だと言った女性は、水曜日の朝に警察に電話し、4人はすべて安全だと言った。しかしその後、警察は彼らに連絡することができませんでした。


4人のうちの1人が歩行不能と言われ、おそらく低体温に苦しんでいる可能性があるという。


2人の日本人は、東京の南、横浜出身の71歳の加藤雅彦さんと、火曜日の朝、登山を始めた65歳の妻由美子さんです。彼らは明らかに悪天候のために頂上に逃げ出し、暗くなっていく途中で迷子になった。


日本人の夫婦は、シンガポールの女性とマレーシア人の男性が山で20代になると信じていたが、4人は凍った状態のテントなしで夜を過ごした可能性が高いと付け加えた。


加藤容疑者は7日夜、警察に、山の7番目の舞台近くの川沿いにいたと語った。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com