Loading...

Jan 30, 2018

女性は優生学の法律で強制滅菌されたと日本政府に訴える

女性は優生学の法律で強制滅菌されたと日本政府に訴える photo


陳水扁(ユン・ヨンジュン)議員らは、昨年十一月に亡くなったウガンダ保健法違反の疑いで、10代の女性が懲役1年1000万円を訴えた。


宮城県の女性は、仙台地方裁判所で初めて、このような訴訟を日本に提訴し、重大な人権侵害にもかかわらず、救済措置の立法に失敗したと述べた。彼女はまた、1948年の法律で人間の平等と幸福を追求する権利を否定し、したがって違憲と主張した。


国家は、1996年まで有効であった法律の下で精神的または他の病気のために滅菌された約25,000人に謝罪も報酬も与えなかった。


国連の女性差別撤廃委員会は、2016年に、日本が「法的救済措置のための援助をすべての犠牲者に提供し、補償およびリハビリサービスを提供するための具体的措置」を採択するよう勧告した。


裁判所の文書によれば、この女性は1958年に口蓋裂開口手術後に心理的問題を発症し、1972年に15歳で精神障害と診断されました。


地元の審査委員会の決定に基づいて殺菌された後、女性は胃の痛みに苦しみ、婚姻提案が取り下げられた。


優生措置法は、精神障害や病気や遺伝性障害を持つ人々の滅菌を「劣った」子孫の出産を防ぐために許可しました。それはまた強制的な中絶を許した。


女性は優生学の法律で強制滅菌されたと日本政府に訴える photo


同様のナチスドイツ法に基づいて作成された法律は、1996年に廃棄され、中絶に関する母方保護法に取って代わりました。ドイツとスウェーデンは類似の優生学の法律を持っていて、政府は謝罪し、被害者に報酬を支払った。


女性のための弁護士は、国家が被災者に救済を提供すべきであったことは明らかであると述べた。


熊本地方裁判所はハンセン病患者の判決で2001年に殺菌を「非人道的」と批判し、弁護士会も法的救済措置を求めた。


宮城県の地元のバー協会は、金曜日にこの問題に関するコールセンターを設置し、全国の他の弁護士会にも同じことを求めている。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com