Loading...

Dec 31, 2017

小売業の巨人は、高齢化する顧客基盤に参入するように進化する



日本の人口の高齢化に伴い、小売業者は変化する消費者基盤のニーズに対応するために進化しなければなりません。


田中康子さん(78)、村岡花子さん(71)は、「朝朝の友人」を意味する日本語の「asatomo」です。毎日の早いうちに、東京の近所の高齢者約100人を集める30分間のグループ演習に参加します。


小売大手のイオン(Aeon Co.)は、早期営業時間とアサトオの集まりを促進するサービスを提供するために、高齢者に対応するために全国に13の店舗を改装しました。


東京東部の葛西地区のショッピングモールでは、書店、ジム、ベーカリー、カフェがすべて午前7時にオープンし、スポーツグッズ小売業者は鳥の早期割引を提供する。


そして、その地域の人口統計は、それがなぜビジネス上の意味があるのか​​を説明します。


葛西の中央商店街周辺の2km圏内では、35,000人のうち約44%(65%から74歳まで)が65歳から74歳までの年齢層で、2016年10月現在の全国人口は27.3%です。


店長の中原康平氏は、近隣の公園に頻繁に訪れ、高齢者のニーズをよりよく理解するために高齢者を調べました。 「私たちは自分たちがやりたいことを店に持ってきて、長く滞在しました。店を隣人のためのコミュニティホールのような場所にしたいと思っています。


笑顔の田中さんは、午前8時の練習セッションの結果に満足しており、店舗訪問は彼女のスケジュールの大部分を占めていました。 「午前6時には前夜の服を洗って朝食に早起きして、私はとても幸せです。運動で2キロも失ってしまいました。


口の中での活動を聞いて、村上は田中の直後に参加し、朝の運動の後にコーヒーを飲み、軽食やお菓子を仲間と共有しています。


この2人の女性は、戦後の大規模な移住を代表し、東京、大阪、名古屋などの主要都市に数千万人が流入し、日本の経済ブーム。


田中は1964年東京オリンピックの時に結婚して葛西に移り、1973年には都心に近い新興住宅街に住み始めました。


両社は1982年に開業して以来、顧客であり続けています。これは、小売から金融の大企業にとって関東地域で初めてのコンセントです。



同グループの主要小売店であるイオンリテール(株)が高齢者を対象に改装した13の大型ショッピングモールの中には、首都圏の3大都市圏に多くの店舗があり、東京東部の千葉本社のプロジェクト担当マネージャーである沢井哲夫。


政府関係の研究チームによると、2005年には、3地域の人口が日本の47都道府県の36都道府県を上回ったと、移住した若い世帯は今や老いた。


イオン店は東京、名古屋、大阪にそれぞれ1店舗を高齢者のモデルアウトレットとして位置づけました。


2013年以来オープンする新しく改装された店舗であるイオンカサイは、様々なサービスを提供することで高齢者を誘惑しようとしています。健康診断があり、おしゃれな杖を販売する店もあります。スマートフォンのレンタルサービスは、全国の小売グループの下にある500以上のショッピングモールの中で初めて店舗で提供されています。


1階には高価な肉の小さな部分が棚に展示されています。 「高齢者は肉をたくさん食べることはできないが、より良い品質を目指す」とSawai氏は語った。


2016年12月の店舗での最新の改装では、4階の180メートルの歩行コースを含む朝の運動スペースが開かれました。参加者はウォーミングアップをして、運動セッションの前に友人とのチャットを楽しむ。


店長Nakaharaによると、店舗への顧客数は前年より10%増加し、主に高齢者が増えているという。


日本のスーパーマーケット販売が10年以上も衰えている中で、2011年以来、Aeonは、都市、高齢者、アジア、オンラインマーケティングの4つの長期的な成長戦略を通じて売上高と利益の向上を目指してきました。


小売グループは、12月中旬に発表された中期経営計画では、店舗にコミュニティスペースを創出するよう努めると強調した。


Aeon Retailは、戦後ベビーブーム世代が75歳以上の2025年までに高齢者を対象とした100店舗を目標に設定しています。


最近の三菱総合研究所の調査では、50〜80代の市民1万5000人が、50代、60代に比べて70代の方が日常生活に満足していることを示しています。


同研究所のプラチナソサエティセンターのチーフリサーチマネージャーである佐野慎也氏は、「健康な高齢者の数は、特に70歳代前半の人々が増加するだろう。 70歳代と80歳代の人々は、将来の不安が両親の看護負担から解放されて消えていくので、より自由な時間があり、財政的に快適だ」


内閣府がまとめたデータによると、70歳以上の人口は、平均余命が増加すると予想されるため、2016年の2,432万人から2050年の3,159万人に増加し続けるだろう。


その国の人口動向が高齢化していることから、イオンカサイの戦略は疑いなく賢明なものであり、カサイの上級顧客は報酬の良い例です。


「店長は非常にいい人です。出張に出向き、私たちと分かち合うたびにお土産を買います。とても幸せです。 "私はこの店なしでどう対処するのか分かりません。"



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿