Loading...

Feb 21, 2018

日本は2019年G20首脳会談の場として大阪を選ぶ



日本政府は、来年の大阪で開催される先進・新興国20カ国首脳会議で、初めて会長を務めると発表した。


安倍晋三首相は、1995年のアジア太平洋経済協力フォーラムの首脳会議を成功裏に終えたことに基づいて決定した。


政府はまた、「総合的に、ホテルの部屋数やセキュリティ面などの要素を考慮した」と、政府の広報担当者は記者会見で語った。


政府当局者は早ければ6月下旬から7月上旬にかけてこのサミットが開催されると述べたが、スガ大統領は会合のスケジュールを確定していないと述べた。


政府はG20財務相と中央銀行総裁会議の会場として、福岡の南西部の都市を選んだという。


大阪府と大阪府は、昨年11月に外務省に提出し、首脳会議をIntex Osakaコンベンションセンターで開催した。


大阪の関係者は、G20が成功すれば、国際的な認知度を高めて2025年に世界博覧会を主催するのに役立つだろうというケースを中央政府に提出した。


G20首脳会議には、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、英国、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、韓国、トルコ、米国と欧州連合。




@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com