Loading...

Mar 23, 2018

日本のラグビーワールドカップ2019は430億を支給する。円の経済的利益



日本のラグビーワールドカップ(W杯)2019の地方組織委員会は、このイベントが経済的利益を合計して4372億円(41億2000万ドル)に達すると述べた。


来年秋に44日間続くこのトーナメントでは、外国人観光客40万人が訪れる予定で、総額は1,057億円に達する見通しだ。



「ラグビーワールドカップ2019は、12の開催都市を越えて広がる、多くの分野にわたる幅広い機会を持つ、日本全体にとって前例のない経済的機会を表している」と日本ラグビー2019代表の島津晃は語った。


「インフラへの投資、就職支援、観光収入の創出を通じて、これは私たちの国にとって重要な経済的遺産を提供するために軌道に乗っているトーナメントです」


主催者によると、スタジアムのメンテナンス費用は400億円、ゲーム運営費は300億円に達すると予測されている。


委員会は、トーナメントが2万5000人の雇用を創出すると推定している。


9月20日から11月2日まで、全国の12のスタジアムで合計48試合が開催される。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿