Loading...

May 16, 2018

富士山南西日本のShimmoeが再び噴火



FUKUOKA - Mt.九州南西部本島のShimmoeが再び火曜日に噴火し、気象庁は近くの地域で灰や飛行岩が落ちることを警告した。


日本気象庁によると、鹿児島県と宮崎県の1,421メートル高さの火山が午後2時45分頃に噴火し、火山噴煙が4,500メートルまで上がったという。火山は4月6日に噴火した。


当局は火山へのアクセスを制限する5段階のレベル3警告を維持した。また、火口から3キロメートル、半径2キロメートル以内の火砕流からなる大規模な飛行岩が警告された。



富士山Shimmoeは、3月6日に約7年間で激しく噴火して火山活動を続けています。


富士山同じ山の中にあるイオ。霧島グループはShimmoeはまた、250年ぶりの4月19日に噴火した。


噴火後の近隣の河川からヒ素やその他の有害物質が検出され、宮崎県と鹿児島県の1,400人の農家が今シーズンの米の栽培を中止した。




@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿