Loading...

Oct 8, 2017

多賀城の図書館で素敵なランチ

数週間前、私は昼食を求めて友人と多賀城駅に行きました。駅を歩いて、カフェや野菜市場には小さな標識がいくつか見えましたが、通りを渡ってTagajo Libraryを見るまでは何も私たちに語りませんでした。

私たちは、1階にはスターバックスと本屋があり、2階につたやがあることは経験から分かっていましたが、3階の施設であるオープンハウスの名前は、NPOや多分住宅代理店。通りを横切ってパティオの席を見たときだけ、私たちはそれが私たちが求める正確なものであることを理解しました:昼食!

図書館の真ん中のエレベーターは唯一の方法です。図書館の正面とレストランの前にメニューがあります。雰囲気は、居心地の良いと空想の間のどこかにあります。暖かい木製の色調のテーブルとインテリアのパネルで、適度な高級感を醸し出しています。本当の気分ですが、ママは不快感を感じる。

食べ物自体は、私がいつも自分で昼食を過ごすために、高価な面で少しですが、驚くほど充実しています。部分の大きさは素晴らしく、日本で訪れたほとんどのレストランよりずっと控えめではありません。


私の友人がランチスペシャルの一環として注文したバーベキューチキンとサラダ。おいしいとかなりかなり。

私のメインコース、ポークカツレツ、パンとサラダ、これはあまり見えないかもしれませんが、ここではサイズ比較のために私の手でもう一度です。

日本人のランチスペシャルの場合、これは私たちにとってかなり大きかったようで、前に述べたように、かなり充実していました。

確かに、日本のダイニングサービスの大部分はスタッフです。私は個人的にはそれ以外の楽しい食事を私の記憶の中で完全に平らにしていましたが、失礼な待合人や私たちに歓迎されないように感じさせる料理人よりも少なくて済みました。パブリック・ハウスが輝く別の場所です。

スタッフはプライベートな会話を楽しむために他の利用者から遠く離れた素敵なテーブルに座っていましたが、それから私たちのウェイトレスは、日本語を理解したら日本語で尋ねました。私たちは、あなたが中間レベルにいるときにはちょうど良い答えのように思える少しではあるが、やったと答えた。そして、彼女は何か素晴らしいことをした。彼女は普通の人のように私たちに話しました。ネイティブスピードよりもわずかに遅いビートで、スペシャルを親切に見せながら話していました。これはすごく素晴らしく、すばらしい食事体験のトーンを設定しました。

私のランチセットに入ったデザート。食事の後、私はこれ以上のケーキは必要ありませんでした。

私の友人と私がこの施設に戻ってくるかどうかは疑問ありません。私たちがうんざりしていて次回は昼食が必要なだけでなく、2ドルの余裕を持って、私たちはどこに行くのか知っています。唯一の疑問は、私たちが夫を連れて来るか、この看護をすべて自分自身に持たせるかどうかです。

By JTsuzuki
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿