Loading...

Dec 30, 2017

米国政府は沖縄の経済的支援を支持し、米国拠点を受け入れる

米国政府は沖縄の経済的支援を支持し、米国拠点を受け入れる photo


安倍晋三首相(右)は、沖縄の南部の名護市に経済支援を行うと発表した。


菅首相は、「中央政府は、住民の生活環境が保護され、地域経済を促進するための措置がとられている」と述べ、菅首相は辺境地域の移転予定地に近い住民との会合で述べた。


政府は、沖縄の普天間飛行場の機能を海兵隊のキャンプ・シュワブに隣接する新しい場所に移送するための作業場の建設に着手したが、計画は米国の大部分を占める県内の住人による激しい野党と会った日本の軍事施設。


米国政府は沖縄の経済的支援を支持し、米国拠点を受け入れる photo


菅氏はまた、2月の名護市長選挙の与党連合候補と、普天間基地の米海兵隊ヘリコプターが10月に墜落した沖縄の村長と会談した。


須賀容疑者は、基地移転に賛成している戸口竹人氏との会談後、住宅地に集中している普天間基地周辺に住む人々の安全意識を撤廃することを誠実かつ正直に説明すると述べたナゴの交換施設。


東方村の市井清井会長との会合では、政府の予防措置の計画を伝えた。この事故で怪我をしたわけではありませんが、ヘリコプターが着陸して炎に遭う場所は住宅地に近いものでした。


沖縄では米軍機事故が続いており、最新のものはヘリコプターの窓が学校の敷地に落ち込んでいる。


金曜日、普天間基地を主催する宜野湾市役所付近に数百人が集まり、米軍機の沖縄飛行を禁止した。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com