Loading...

Mar 1, 2018

紋別のカニはすべてです!

2月上旬、北海道東部への旅をしました。旅程を見てみると、私には懐疑的なものが1つありました。海産物を食べる場所はたくさんあります。あなたが私の古い記事の一つから知っているかもしれないが、私は魚介類がよくない。しかし、私はそれにアレルギーがないので、私はそれを行って、少なくとも私たちに提供された食べ物のいくつかを試してみたかった。


私が最も感銘を受けたスポットの1つは、 紋別僧侶(紋別漁師)でした。モンベツの街にある小さなシーフードレストランです。それは、海産物加工工場が所有し、運営しています。このため、彼らは新鮮な地元の食材を使ったシーフードボウルを提供しています。




おそらく最も人気のある料理はズワイガニの皿で、私たちは自分たちのためにズワイガニを試すことができました。しかし、これだけでなく、私たちは自分のボウルを準備しなければなりませんでした!カニを食べたり触ったりしたことのない私にとっては、本当にエキサイティングな体験でした。


レストランに入ると、オーナーとスタッフが心から歓迎されました。我々は準備された席に着きました - ズワイガニとすべての道具を持って私たちを待ってそれを取る。しかし、最初はエプロンをかける必要がありました。なぜなら、私たちが食事を始めることができたときにはまだよく見えたかったからです。




余分なテーブルに立っているレストランのシェフは、カニを途中で壊して脚をはぎ取る方法を説明してくれました。それは簡単に見えましたが、あなたが初めてそれを行うとき、それは非常に困難です。幸いなことに、スタッフはいつも私たちの目を見て、必要な時に助けてくれました。


私たちは脚を切り取って切り取り、すべての脚からカニ肉を取り出しました。カニの殻をボウルにして、すべてを入れてくれるように求められました。私のカニの殻のボウルはちょっと混乱して見えましたが、シェフはもう一度ラウンドを作り、いくつかのプロフェッショナルな作品を上に置きました。しかし、最終的には、とにかく味はより重要でした。私の隣に座っている人は私よりもずっと良くなり、アマチュアにとってはすでにとても美味しい一皿を持っていました。




シェルを火の場所に置き、グリルした。この間、私たちはビュッフェで独自のシーフードライスボウルをデザインすることができました。彼らはホタテ貝、カニ肉、卵を自由に食べることができました。私は味について確信が持てなかったので、あまり服用しませんでした。さらに、カニのスープを入れたボウルも用意しました。




夕食は準備ができていた!私はカニを試して、それは非常においしかったです。私はこれを実際には期待していませんでした。それは私が頻繁に食べる必要があるものは何もありませんが、時にはカニのビットを持っていることは時々いいかもしれません。私は特にスープの味が好きだった。シーフードボウルはOKでしたが、それは私のお気に入りではありませんでした。間違いなく私はその日に見つけた魚卵が好きです。


あなたがそのエリアの周りにいれば、モンブツ習志食堂では必ずスノーカニを食べてみてください。それは素晴らしい雰囲気で、私のためにも、おいしい経験でした。


アドレス:北海道紋別市40-55 |北海道、紋別市、新生40-55

ウェブサイト: 日本語 | 英語


By YokoLostinJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿