Loading...

Nov 27, 2017

精神障害のある両親の子供たちが支援グループを立ち上げる



親の精神病で育った人たちは、両親の病気を理解する上での相互の困難から、彼らの経験を共有し、お互いをサポートするために日本でグループを立ち上げています。


看護専門家たちは、支援が必要であることを一般に知らせるために、そのような子供たちによる回想録を出版している。


親のうちの1人または両方が精神病に苦しんでいると、成人期に子供にさまざまな苦労をもたらす子供の発達と生活に大きな影響があります。しかし、埼玉県立大学の精神科看護学科の横山慶子教授は、最近、精神障害のある両親の子供を支援する必要性が一般的な問題となっていることが判明した。人。


1月下旬に公式発表される予定のコドモピア(児童養護施設)は、横浜市がコミュニティ精神保健福祉団体が提供する家族のための相互支援プログラムの手がかりを得て活動を開始する予定です。


COMHBOと呼ばれる非営利団体は、精神病患者の家族のための勉強イベントを開催しています。 COMHBOは主に精神障害者の親を対象としていますが、横山はそのような人々の子供たちを援助する必要性を見出し、2015年には他の支援者と一緒にイベントを開催しました。


イベントでは、参加者は自分の経験について話し、幼い頃、中学生、高校時代から大人になるまでの過去を振り返り、自分の気持ちを語ります。


「参加したのは、自分たちが圧迫していた本物の自分を回復したことだ」と横山氏は語った。


精神病の子供のための一連のそのようなイベントの間、20代から50代のより多くの支持者が管理的役割を果たすようになり、来年1月にKodomo Piaを立ち上げることになった。


母親が病気を認められなかったにもかかわらず、母親は小学校に通っていた時、視覚と聴覚の幻覚に苦しんで精神分裂症を発症したと小林亜由奈さん(27歳)は語った。誰も助けにならないことを恐れて、「私は他人に頼る方法を学ぶことなく育った」と小林は言いました。


小林は看護学校に通って、徐々に母親の病気の理解を深めた。母親に対する気持ちが変わり、小林さんは母親にできることを少しずつやり始め、母親の症状が改善しました。


コドモピアのイベントでも同様の状況で他人と知り合った後、彼女は最終的に自分自身と顔を合わせることができた、と小林は言いました。 「私は(あなたに)「あなたは一人ではない」と伝えたい。


コドモピアを率いる26歳の精神科のソーシャルワーカーである坂本拓は、うつ病やパニック障害に苦しんだ授業中に母親の世話をすることに専念した。


サポーターの仕事をした後、坂本は精神病患者の家族が彼らの世話をする必要がないことに気付きました。 「仲間とのつながりを通して理解できることがいくつかあります。私は他人、特に若い世代に、公然と外出することで助けになりたいと思います」と坂本氏は言いました。


精神病患者数は、厚生労働省の2014年の調査で392万人に達しています。結婚して子どもがいる患者も増えます。


こうした状況を踏まえ、横浜市では、9人の参加者の体験を集めて、子どもたちが実際にいる状況を人々に伝える努力の一環として本を出版しました。


明治書店では、大阪大学保健看護学部助教授の影山雅子と共同編集した224ページの本が12月1日に公開される予定だ。


カゲヤマ氏は、「子供の支援の必要性が注目されているのは改善だが、多くの支持者は(精神病の)両親による児童虐待の防止だけに懸念している」と述べた。


「可能な限り早期に親になる人間としての自然な希望を実現するのを助けることがより重要になるだろう」と彼女は語った。


東京では、精神障害を患っている両親が育てた人々のための勉強会が開催されています。コドモピアの発足により、メンバーは全国的にこれらの活動を拡大したいと考えています。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿