Loading...

Dec 18, 2017

軌道に乗って電車で死亡した視力障害の女性

軌道に乗って電車で死亡した視力障害の女性 photo


大阪市内の路面電車に乗って電車に乗ったヒズボラの89歳の女性。


事件は午前9時20分ごろ、神奈川駅のプラットフォームに沿って歩いている間に女性が落ちたときに起こったと、西日本市の警察は、女性が視力障害を示す証明書を持っていたと付け加えた。


目撃者や監視カメラの映像によると、彼女は歩いていくにつれてトラックに向かって徐々に動き回った。彼女は京都線で阪急電鉄が運営する列車からちょうど下車していた。


彼女は当初、転倒した後にプラットホームの下でスクランブルすることができたが、スティックを使用して傘を取り出そうとしている間に列車に襲われたという。


アウトオブサービスの列車の運転手はブレーキをかけたが、時間通りに停止することはできなかったという。女性は病院に運ばれた後に死亡したと言われました。


駅には視界障害のある乗客を支援するために5メートル幅のプラットフォームに触覚舗装が施されていると鉄道事業者は述べているが、事故当時の職員はいなかった。


同様の事故を防止するため、国土交通省や鉄道事業者は、プラットフォームドアの設置などの安全対策を実施しているが、上新地駅には装備されていない。


2017年に日本でプラットフォームドアがない駅で初めて発生した事故ではない。


1月に、盲導犬を伴った視覚障害のある63歳の男性が、埼玉県の台所から転落した電車に襲われて死亡した。 10月には、視覚障がい者の別の男が、大阪の戸ノキ駅のプラットホームから落下した後、打ち負かされ死亡した。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com