Loading...

Jan 13, 2018

人気のあるジャイアントパンダ、翔翔(Xiang Xiang)

小池百合子東京都知事は、2月から、巨大なパンダの翔翔(Xiang Xiang)と新生子(Shin Shin)を見たい人のために、動物園を先着順に切り替える予定で、視聴時間は1〜2分に制限され続けます。


上野動物園は現在、動物が邪魔されたり、健康に影響を与えないように、1日当たり約2000人の宝くじ当選者に、子犬とその母親を見るための訪問者数を制限しています。



1882年にオープンした日本最古の動物園でも、動物が展示されている時間を現在の2時間30分から7時間に拡大し、7ヵ月のXiang Xiangが12月19日に最初に展示されて以来、良い形になっています。


2月から動物園は、開けたばかりの午前9時30分からパンダを見たい訪問者に番号付きのチケットを配布し、動物の公開された屋外の遊び場を公開します。表示時間は午前9時45分から午後4時45分までです。


2月のパンダ観戦の制限を緩和するため、動物園は1月23日から2時間半から4時間30分に展示時間を延長し、1日当たり約3,600人の訪問者を受け入れます。


小池氏は記者会見で、「翔翔を見る機会が増えるだろう。




©KYODO


By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com