Loading...

May 6, 2018

八女市の「新茶摘み」体験

街の次の町で新しい茶摘みの伝統を聞いて以来、私はそれを試してみたいと思っていました。新しく茶摘みの経験があり、短時間から昼食を含む一日まで、緑茶の作り方を学ぶことができます。 「新茶摘み」は、新茶摘み(新茶味噌です。




私たちは車を持っておらず、ほとんどの茶農場は山中にあり、公共交通機関から遠く離れています。新しい茶祭と安い茶摘み体験を提供している八重市の店が1軒見つかりました。一番近いバス停から約2キロですが、山にタクシーを乗せるのに比べて悪くありません。


茶農家は、単にOCHA村やお茶村と呼ばれています。それのそばには、 Ocha Mura Hon TenまたはTea Village Original Locationという小さな店があります。




私たちが到着したとき、私たちは茶摘み体験のためにちょうど100円を支払った。私たちは橋を渡って茶畑に入った後、小さな袋に紅茶を集め、適切な葉を選ぶ方法についてのクイックデモを行った。天ぷらはトップ4〜5の葉を使用していますが、新しい葉の芽や新芽 、次の2枚の葉は高品質の茶作りに最適です。私たちが午後に到着すると、茶葉はすでによく摘まれていました。




茶葉はかなり接近していますが、まだ私は大きなパンを歩道に入れてお茶を集めることができました。それはかなり平和的で、彼らは小学生が歌ったように聞こえる茶を選ぶことについて常に歌を演奏していました。ブッシュの一部はまだ太陽から保護するために黒いタールで覆われていました。




私たちのバッグで十分に収集した後、私たちは店の近くのテントに戻り、それらにお茶のバッグの1つを与えました。それは、ココナッツオイルで揚げた茶葉の天ぷら2食分で十分でしたが、体験費に含まれています!私たちは自分のお茶を焙煎したり、新鮮な葉を天ぷらやソースに使用するために、もう1袋を持って帰らなければなりません。我々はまた、爽やかで寒い新鮮な紅茶のサンプルを与えられました。彼らは天ぷらランチを400円で提供しましたが、到着する前に売り切れました。




私は、あなたが茶畑のある地域に住んでいるなら、この経験をお勧めします。私たちはカップルで楽しく過ごしました。若い子供たちも一緒に楽しむ家族がたくさんありました。

By helloalissa
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com