Loading...

Sep 14, 2017

日本の大腸菌感染で3歳の少女が死亡



宮城県の前橋市では、8月に購入したエビと大豆を大腸菌が大量に流行して食べた後、3歳の少女が死亡したと発表した。


東京都の女児は、入院後9月初めに死亡したという。市政府によると、先月の流行の最初の死亡事故になった。その原因はまだ明らかにされていない。


群馬県大田市にあるフレッシュ株式会社が運営するデリカテッセンで購入したジャガイモサラダ、マリネなどを食べた後、20人以上が大腸菌のO157株に感染した。彼らは腹痛などの症状を訴えた。


女児に加えて、8月11日に前橋店で買った食べ物を食べた後、10人が大腸菌に感染したという。


ゼンショーホールディングスのグループ会社であるフレッシュコーポレーションは、地元当局が前橋店と埼玉県を停止する命令を出す前に、8月24日から自治体17館を閉鎖した。


当局は同社の衛生管理に問題はないと判断し、先週木曜日に再開したが、前橋店は自発的に水曜日に再び閉鎖した。


地元の保健当局は、ポテトサラダを生産した食品加工工場を調べたが、細菌の痕跡は見つかっていなかった。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿