Loading...

Apr 8, 2018

日本の相撲差別撤廃の世界メディアはゼロ


【ワシントン21日共同】世界メディアは、相撲を受けた地元の市長に応急処置をしている間に、女性相談員が競技場(男性専用スペース)から女性医師を命じるという相撲審判の決定をめぐる論争に対して、 。


ニューヨークタイムズ紙は、「相撲から逃れた女性たちは、人の命を救うためにさえも」と題した記事で、「相撲の差別的慣行は、新たな精査の対象となった」と述べた。


水曜日に開催された京都舞鶴舞鶴会場では、看護師がリングに乗り込んで、スピーチをしながら崩壊した市長に心肺蘇生法を施行した。いくつかの女性が手伝ってくれました。


(写真提供)


男女の相撲スポーツで「儀式的に汚れている」とみなされる女性は、入所が禁じられています。


タイムズ紙は、「先進国の間で、保健、教育、経済、政治のジェンダー平等に一貫して低い水準にある国では、女性が日本でどのように評価されているかを表す隠喩と見なされた」と述べた。


ワシントンポスト紙は、この事件は「女性が日本で平等を達成するために直面​​する課題を明確に示した最新の事件」と述べた。


「安倍首相は女性の日本経済への参加を促す「女性運動」を推進してきたが、途中で差別や病的障壁に直面している」と東京のスタッフが書いている。


相撲のボス、女性医療従事者のリング、病気の市長の離脱要求


BBCは同様の報告書を出し、相撲に参加したのは初めてのことではないと語った。


日本相撲協会は、1990年、宮山真由美首相がトーナメントでトロフィーを授与することを禁止した。


2000年、大阪市の最初の女性知事である太田房生は、西日本の都市でトーナメントを行うことを禁止されました。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com