Loading...

Dec 16, 2017

日本のお菓子メーカーは、シックな品種の若者に魅力を感じる



欧米のお菓子に比べて日本の若者の間では、和菓子や伝統的な日本のお菓子はあまり人気がありません。しかし、和菓子メーカーはそれをより洗練された口当たりに訴えることによって変えたいと考えています。


日本のお菓子ブランド「五国屋」を経営する「しんかど」は、新鮮な食材を使って若い世代を惹きつけようとしている和菓子メーカーのひとりです。


政府が実施した調査によると、昔ながらの赤玉菓子やマンジュ菓子などの伝統的な製品が過去数十年にわたって人気を失っているが、同社は新しい種類の「モナカ」ウェーハケーキ東京に本社を置くフランス料理のシェフとのコラボレーションによる赤豆のジャム。


和紙には通常、緑茶が添えられています。しかし、10月下旬に東京で開催された銀座ファッションウィークでは、シャンパンで新製品を提供した。



日本のお菓子が好きではないと言った人を含め、30代と40代の人々は、わかしとシャンパンの珍しい組み合わせをよく受け取りました。多くの人が香りの良いウェーハを見つけ、乾燥したシャンパンは驚くほど美味です。


Shunkadoの関係者は、同社は "若い顧客のためにわかしを楽しむ新しい方法を提案したい"と語った。


ウェーハケーキは好調に売れており、メーカーは他のお菓子の販売も増えていると考えている。


東京の銀座商店街にある松屋百貨店は、2016年春に和歌山地区を改装し、若者を引き付け、ゴーカクヤはテナントとなった。


「殆どのお客様は以前の60歳代でしたが、改装後には若者が来ています。


200年以上前に設立された「kuzumochi」というデンプンケーキメーカーFunabashiyaは、9月に東京の新橋エリアの店で、緑茶の代わりにコーヒーを1100円(約10ドル)で提供し始めました。


東京に拠点を置くコーヒーミカドコーヒーとのコラボレーションにより、ケーキの味を引き出すために特別にブレンドしたコーヒーを提供しています。


船橋屋は、東京と首都圏周辺の20店舗のチェーンストアでコンビニエンスストアを提供する計画だ。


「より多くの人々がクズモチを食べることに慣れてくれることを願っています」と日本橋店のマネージャーは述べています。




©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿