Loading...

Mar 30, 2018

私の最初の抹茶セット

私は日本で初めて抹茶を飲んだので、それを作る背景に興味がありました。祇園コーナーでの京都訪問の際、2012年に小さなお茶会を初めて見ました。そこでは、外国人向けの特別番組がありました。長年のうちに、私は新鮮な抹茶をより頻繁に飲むことができ、時にはそれがどのように作られたか見ることができました。


去年の11月、静岡の森町に行った時、伝統的な抹茶の作り方を試してみました。すべてのステップを学び、私たち自身の手でそれをするのはすばらしかったです。私にとっては、それはうまくいって、いつもそれがもう見えるほど難しくはないと感じました。だから私の抹茶セットを買うことにしました。


しかし、私のようなスターターにとっては最高のものは何ですか?


私は時折いくつかのお店を見回し、後にAmazon Japanで終わりました。そこに私はいくつかのすてきな抹茶スターターセットを見つけました。それは選ぶことが難しかったです。私は道具と価格を比較しました - 確かにティーバッグの異なったデザイン - そしてそれらの1つを注文しました。それはすぐに到着しました。私は自宅で抹茶の最初のカップを作ることに全く興奮していました。





だから私の小さなセットに含まれているものを見てみましょう:


1)CHAWAN(茶碗)


最初は茶碗です。私が持っているものはかなり大きく重いですが、私はそれに桜のプリントが好きです。


2)CHASEN(茶筅)


次はおそらく抹茶を作るための最も重要な道具である:茶器。それは竹で作られていて、名前が言うように、抹茶の粉と水を泡立てるためにそれが必要です。

私のセットには、ザーメンを置くことができる泡立て器も含まれていました。あなたは必ずしもそれを必要としませんが、持っていることはいいです。


3)ちゃっかく(茶梨)


三番目の道具はお茶のスクープです。また、茶碗の中に抹茶を入れるのに竹を使って作られています。 (確かに、あなたはまた、これを行うために任意のスプーンを使用することができます。)


4)MATCHA(抹茶)


確かに、あなたは家で抹茶の自分のボウルを作るために抹茶粉が必要です。このセットには、宇治/京都の茶屋かんばやし俊寿堂のお茶20gが入っていました。それは最も安い種類の1つですが、それでも素晴らしい味があります。特に練習には良いスタートです。




私は今家に帰ってきて満足しています。座って自分の鉢を作ってリラックスできたらいいなと思っています。



この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の経験に従事するチャンスです。

By YokoLostinJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿