Loading...

Dec 8, 2017

神社の頭、東京の剣の攻撃で殺された2人

神社の頭、東京の剣の攻撃で殺された2人 photo


男性2人が殺害され、別の人が木曜夜に東京の新神社で刺された事件で負傷した。男性の容疑者は自殺したようだ。


警視庁は、富岡長官(56)=富岡長子容疑者(56)=富岡長子容疑者(58)=容疑で逮捕された。


神社の頭、東京の剣の攻撃で殺された2人 photo


彼女の恋人で30代になると信じていたシゲナガと他の女性は、東京の江東東区の神社の敷地内で車を降りた後、ナガコを潜伏したようだ。


車から出た神社の運転手も、武士の剣を振った女性に追われた。車から約100メートル離れたところで、彼女は右肩を切って、生命を脅かすことのない怪我を残した。


首都圏の東西線の門前町駅の東約400メートルに位置する神社で死亡する前に、シゲナガは女性の胸と胃を刺したと考えられている。


ShigenegaとNagakoの間に何らかの対立があったようだ。神社関係者は、情報の欠如を理由にコメントを控えた。


1627年に設立された富岡八幡宮は、深川八幡の夏祭りと金の携帯用神社で知られています。


午後8時30分ごろ、警察は、武器を持っている人がいるとの緊急通報を受け、攻撃拠点近くに武士剣と2つの生存ナイフを発見した。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com