Loading...

May 23, 2018

ANA機の8人の乗客は、煙がキャビンを満たした後に病気になります



香港全日本空輸の乗客100人以上が成田空港の飛行機から避難し、8人が煙を出した後、病気にかかった。航空会社と空港の関係者は次のように述べた。


この問題はボーイング767型機で午前9時45分ごろに発生し、約140人の乗客と乗組員が飛行機を離陸する直前に搭乗したという。


ANAとして知られている航空会社によると、航空機の補助動力装置からのオイルは、気化した後にエアコンダクトを通してキャビンに吸い込まれた。


まだ漏れの原因は明らかにされていないが、火災は発生していない、とANAは述べた。




@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿