Loading...

Apr 25, 2018

乳がん生存者が他の人を助ける下着をデザインする

日本の乳がん生存者は、病気に罹患している他の女性を助けるために、ブラジャーを内蔵したアンダーシャツを作りました。


癌で胸が摘出されたミー・ボウマンさん(36)は、今は七谷クローブという下着販売店を経営しています。彼女は乳がん治療を受けている女性が下着を着用しながら自分の経験や懸念を分かち合うことができるように、東京近くの埼玉市でセッションを行います。



ボーマンは31歳で早期癌と診断され、乳房切除術を受けることを選択したが、外科手術は彼女の外見を意識して外に出ることを嫌った。


手術後、彼女は適切な下着を購入することが難しく、乳がん患者を対象とした商品はオンラインでしか入手できないため、あらかじめそれらを試すことはできませんでした。購入したアイテムは快適ではなかったと彼女は思い出した。


「同じ問題を抱えている人がいるかもしれないと思っていた」とボーマン氏は、この経験が彼女に快適な下着を作るよう促したと付け加えた。彼女は2016年5月に事業を開始しました。


下着の開発は容易ではなかった。数え切れないほどの電話をして彼女と仕事をしている企業を見つけた後、彼女は最終的に埼玉県にある会社を探しました。


彼女は乳房がん生存者にサンプルの下着を試し、フィードバックを受けた後に繰り返し修正するよう頼んだ。多くの人は、ホルモン療法を受けているうちに発汗することで不快感を感じ、下着のしっかりした窮状に悩まされていたという。


彼らの見解を反映して、彼女の最終製品は、ユーザーが汗をかいた時に肌にくっつかず、脇の下の汗パッドを持っている綿製です。また、サポートのためにアンダーワイヤーや弾性バンドではなく、自然なカーブを作り、レースを使用する薄い丸いブラッドパッドも備えています。


ボウマンはクラウドファンディングなどの資金を調達し、昨年5月からは下着の本格生産と販売を開始しました。


彼女はまた、女性にカスタマイズされた下着を試して、病気との戦いの経験を共有する機会を与えるために、2ヶ月に1回、フィッティングとチャットを行います。


ボーマン氏は、「私は治療を受けているうちに孤独を感じていました。私は友人がほしいと思っていました。


「話した後に気分が良くなると話すとき、それは私を幸せにします。私は人々が快適に感じることができる場所を提供したいと思います。


ボウマンは、集会に参加できない女性のために、個別のフィッティングセッションを提供しています。


「ある日、人々は自分の経験を振り返り、自分の病気を明るいところで見ることができることを願っています。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿