Loading...

Oct 12, 2017

北朝鮮の拉致被害者の両親との会議のトランプ

北朝鮮の拉致被害者の両親との会議のトランプ photo


安倍晋三首相は、来月初めに予定されている大統領訪中時に、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の拉致被害者の両親との会談を行うことを明らかにした。


トンプル大統領(9月)は、拉致被害者のメグム(両親)と日本の訪問中の家族と会うように頼んだとき、その場で合意した。安倍晋三官房長官は、「日本の拉致被害者」と述べた。安倍氏は、10月22日の新潟県下院選挙で、


日本海沿岸の新潟は、1977年に13歳の少女メグミが帰宅途中で拉致された場所です。両親は横田茂(84歳)、横田咲子(81歳)です。


安倍首相は、1970年代と1980年代の北朝鮮の日本人拉致を非難するためにメグミに言及した国連総会への米国大統領の演説に続いて、ニューヨークのトランプとの会談で要請したと述べた。


「国連総会で米国大統領の演説が世界的な注目を集めている。メグミへの言及は私を本当に幸せにした」と述べた。


ホワイトハウスは、北朝鮮の核問題による地域緊張の高まりの中で、11月3日から14日まで、大統領が日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンを訪問すると発表した。


日本は正式に17人の市民を拉致被害者として挙げ、他の日本国民の失踪に対する北朝鮮の関与を疑う。 17人のうち5人が2002年に送還されたが、北朝鮮はメグミを含む8人が死亡しており、他の4人は入国していないと主張している。


北朝鮮の拉致被害者の両親との会議のトランプ photo (提供画像)



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com