Loading...

Apr 22, 2018

日本の国会議員団が戦争連合靖国神社参拝



金曜日の非党派の議員は、毎年恒例の春祭りに先立ち、論争を巻き起こしている東京の靖国神社を訪問した。


第二次世界大戦中の日本の軍国主義に苦しんでいたアジア諸国との摩擦の源泉となった神社は、戦争犯罪者として数百万人の戦死者とともに有罪判決を受けた日本の指導者を称えるものです。


76人の議員は、日本の下院議員と野党議員の合計で707議席を得た。政府高官の中には、日本軍人遺族協会長を務める奥野信介(奥野晋介)内務次官、佐藤雅久外務副大臣、水越俊明副大臣らが参拝した。


安倍晋三首相は、土曜日から三日間の祭りで神社への訪問を予定している。彼は最後に2013年12月に神社を訪れ、中国と韓国を怒らせました。


河野太郎外相と野田誠子内閣総理大臣は、春祭りのために参拝を予定していないと記者団に対し、


(非党派グループの大津秀久教授は、神社訪問後に話します)


「特に日本が国内外で困っている時には、首相が靖国参拝し、戦死者の名前を恥じることのないように国を舵取りしてほしい」と、元大統領秀久このグループを率いる参院議員の副大統領は、訪問後の記者会見で語った。


靖国神社は、4月と10月の春と秋の祭りのために靖国神社を訪問し、第2次世界大戦の日本の降伏記念日である8月15日にも、神社の最も重要なイベントと見なされています。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com