Loading...

Jan 17, 2018

神戸は地震が発生してから6年6

神戸市西区と周辺地域では、震災から学んだ教訓を次世代に伝えると約束している6,434人の命を奪ったマグニチュード7.3の地震23周年を迎えた。


阪神大震災が大阪西部の港町を襲った1995年1月17日の午前5時46分に、生存者と居住者は雨に勇気づけて静かな時間を過ごしました。


神戸市の公園で行われた記念行事では、被災者を忘れていない市民の願いを表す「通行」を意味する漢字と災害発生日を記した約7,000個の竹製の灯籠を照らした。


生存者のために、日本の第2世代の韓国人居住者である斎生俊夫さん(76)は、20歳の息子のために「快適な街づくりの中で悲しみを克服したい」と語った誰がその地震で殺されたのか。



災害を経験していない神戸市民が増えていることから、教訓を分かち合い、思い出を残すことは困難です。


しかし、近年、日本は大地震、火山噴火、台風などの被害を経験しており、南海トラフの大規模な巨大地震にも対抗しています。


震災で4歳の親戚を失った神戸在住の38歳の平家聡恵さんは、「まだ友人の笑顔を思い出して、犠牲者の数だけではなく話したいそのような記憶)を彼らが住んでいた証拠としている。



山本玲子さん(18)は、震災後に生まれた記念イベントの参加者のなかで、「地震が直接経験されていない人が増えているので、生存者の口座に耳を傾け、それらを次世代へ」


高校3年生の山本さんは、今春から大学で防災を学ぶ計画だ。


久本市長は、災害に強い都市づくりをめざして、「私たちの支援を覚えておき、災害の予防と削減に貢献していきたい」と述べた。


連帯の精神のもと、東北地方を襲った2011年の致命的な地震と津波の被災者も、日本のどこかで静かな祈りを捧げました。



兵庫県西宮市の公園で行われた1995年の地震の記念式典には、地元の100人以上の参加者が参加しました。


2011年の津波の結果、アパートを出ていた13歳の中学生の山田耕世さんは、「災害は多くの人々を悲しんでいる。私は再びそれが起こるのを見たくない」と語った。


23年前の4年生の小学生、甥を失った西宮住民の峯松文雄さん(69)は、1995年の地震の犠牲者1000人を記念して公園内の墓地の前で涙を拭った。


「(私の甥)は、サッカーを愛していて、かわいい活発な男の子だった。


6,434人が死亡したほか、早朝の地震で43,000人が負傷し、640,000人の建物が壊れた。 31万人もの人々が緊急避難所に避難した。




©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com