Loading...

Nov 14, 2017

2012年の第1回訪問でネパールに感謝の意を表明した

2012年の第1回訪問でネパールに感謝の意を表明した photo


日本で殺人罪で逮捕された後、日本で15年間過ごしたネパールの男は、2012年の彼の最初の復帰時に彼のために選挙運動をした支持者に感謝している。


1997年に39歳の日本人女性を殺害したという状況証拠に基づいて有罪判決を受けた前職のレストラン従業員でもあったGovinda Prasad Mainaliも市民会議に出席し、不正な犯罪撲滅を求めた。



51歳の彼は、土曜日に、「まだ、日本の警察、検察官、裁判官から謝罪を受けている」と述べた。妻のラドハ氏のインタビューで、彼はそれを「不合理で容認できない」と呼んだ。


彼は旅行中に渋谷やお台場などの東京の人気観光スポットを訪れたと話し、「このようなすばらしい国ではなぜ不正な判決が起こるのか」と疑問を投げかけた。


親戚や友人の中には、危険な国のように日本に帰らないように言われていましたが、マナリは「何も間違っていませんでしたので、訪問しました。


彼の支持者との涙のような再会の後、彼は彼の "傷が少し治癒する"と感じたと彼は言った。


15年間の拘留は、マナリに大きな犠牲をもたらしました。彼は眠ることに問題があり、48歳の妻と一緒に「いつも」、家にいても、刑務所内の人生を思い起こさせるので、このまま滞在します。


1994年に日本に来たときに幼児と赤ちゃんだった彼の2人の娘は、結婚して今や海外に住んでいる。


「私は私の娘を私のラップに置き、一緒に遊んでいたかったが、私はできなかった。私は若者を奪われた、私の人生の最も重要な時だった。


ネパールに戻った後、マナリは自分の経験に基づいて不当な有罪判決の犠牲者とその家族を支援するための非営利団体を設立する予定です。


彼は、偽の刑事告発事件について、彼の日本の支持者から引き続き聞いていると述べた。


「どうしてこのような問題が起き続けているのか、日本の警察と検察は適切な時期に捜査しなければならず、裁判官は慎重に耳を傾けなければならない。


マヌアリは、東京の渋谷区の女性の殺人事件として、別の男性に新鮮なDNA検査が指摘された後解放された。彼は解放後ネパールに追放された。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com