Loading...

Apr 29, 2018

日本の安倍晋三首相は、南北首脳会談の成果を「肯定的」なものとし、

安倍晋三首相は、金正日(キム・ジョンイル)総書記と首脳会談の成果を歓迎した。


安倍晋三官房長官は、「北朝鮮を取り巻く様々な課題の包括的な解決に向けて、非核化問題などの真剣な議論が進んだことを歓迎する」と述べた。


日本の安倍晋三首相は、南北首脳会談の成果を「肯定的」なものとし、 photo


首相は、すぐに結果について韓国の指導者が直接報告すると述べた。


「ムン・ジェイン(ムン・ジェイン)大統領から直接(首脳会談)について電話でお話したいと思いますが、私は彼の取材など、具体的な内容について質問したいと思います。


外交筋によると、ムーン氏は土曜日にすぐに安倍長官に電話する可能性が高い。安倍晋三官房長官は、首相の訪朝を確実にするために、土曜日から日曜日に中東に出発する予定だった。


河野太郎外相は、5月初めに韓国を訪問し、姜景華(カンギョンファ)議員と会談し、韓国側が首脳会談の結果を報告するとの見通しを明らかにした。


月と北朝鮮の金正日(キム・ジョンウン)首脳が、数十年前に拉致された日本人の問題について、共同声明や記者会見で触れなかったかどうかを議論したかどうかは不明だ。


安倍首相は拉致問題を優先課題としている。安倍晋三首相は、今月初めの電話会談で、金氏との会談で月議長に問題を提起するよう求めた。


日本政府は、1970年代と1980年代に北朝鮮に拉致されたとして17人を正式に認めている。 2002年には5人が返還されたが、北朝鮮は8人が死亡し、他の4人が死亡したと主張している。


安倍晋三官房長官は、最近、ドナルド・トランプ大統領と核兵器とミサイル開発計画についての懸念が「完全かつ検証可能かつ不可逆的」になるまで「最大限の圧力」を維持することに同意した。また、トランプ氏は6月初旬に金大統領と首脳会談を開くことも期待されている。


日本の安倍晋三首相は、南北首脳会談の成果を「肯定的」なものとし、 photo

(韓国サミットプレスプール)


安倍晋三首相との首脳会談を今すぐ手配する計画はない。


安倍首相は、北朝鮮に関する外交発展の中で日本が孤立しているという懸念を払拭し、東京が平壌への政策についてワシントンとソウルと緊密に調整すると述べた。


拉致問題で、彼は木曜日の議会委員会で「米国と韓国との協力は重要だが、結局は解決しなければならない」と述べた。


河野首相は、首脳会談後、2002年に小泉純一郎首相と金正日総書記が金正日総書記の金正日(キム・ジョンイル)総書記と署名した共同宣言に基づき、北朝鮮との国交正常化をめざす日本の姿勢に変化はないとの声明を発表した。


河野氏は、これが「拉致、核・ミサイル(問題)を包括的に解決し、不幸な過去を解決する」ことを意味すると述べた。宣言で言及された不幸な過去は、日本の朝鮮半島の植民地支配を指すと理解される。


その後、東京の成田空港からヨルダンへ出発する前に、河野さんは拉致問題で北朝鮮との交渉をやり直す可能性を示唆した。


河野氏は、「日本の考えは北朝鮮に伝えられており、ここからあらゆる動きが起こるだろう」と述べた。


小野寺二郎国防相は、拉致問題、核問題、ミサイル問題を解決するために、北朝鮮が「具体的なステップを描く」必要性を強調した。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com