Loading...

Feb 13, 2018

日興の折り紙自動販売機プロジェクトで障害者アーティストを雇用


宇都宮市 - 日本の人気観光地にある東照宮の近くに、精神障害者の折り紙作品を販売する自動販売機が設置されています。


このユニットは、カラフルな新しいデザインで改装された元シガレット・マシンで、障害者を有意義なものにするための例を設定しようとしているITサービス会社によって、去年10月に導入されて以来、


各箱セットには、クレーン、カブ、ボールを含む5種類の折り紙が200円(約2ドル)含まれています。マシンは最初の数日で50セット以上を購入し、デビュー時にはすぐ​​に完売し、3ヶ月間に合計で約700個を購入しました。



折り紙は、日興の雇用支援室で3人の女性が作ったもので、自動販売機のベンチャーとして「クレーンプロジェクトの翼」にIT企業Axisと協力しています。


同社の社長である和木聡氏は、「日興自動車の観光名所として捉えたい」と語った。


「そこから、この趣旨は、雇用援助の一形態として、他のオフィスでも取り上げられるだろう」


近くの宇都宮にある会社の事務所で、カジュアルな会話の中で元の考えが浮かび上がってきました。ワキはそれを追求し、最終的にそれを実現することを決めました。


生産の5つの紙の対象は多かれ少なかれ固定されていますが、主催者はそれを時々変更して、顧客にとっては驚きの要素、3つのメーカーにとっては様々な要素があります。



顧客にトリオを紹介する方法として、各折り紙セットには、アーティストのオンライン写真やそれらを使用するプロジェクトに関する情報にリンクするQRコードが含まれています。


仕事をしている雇用援助事務所を率いるゴマ・ユコ氏は、障害者の生活の中で顧客に窓口を提供することを希望していると共同通信に語った。


「これは顧客に到達し、障害者にもっと慣れ親しんでもらうのを助ける機会になるかもしれない」と彼女は語った。


2月初めの友人との観光旅行では、埼玉県の21歳の社員であった稲瀬かなえが、最寄りの鉄道駅から有名な神社へ向かう途中に自動販売機に出会った。


イノース氏は、購入後に箱から小さな折り紙クレーンを取り出し、「日光の精神を完璧に捉えている」と語った。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿