Loading...

Apr 14, 2018

ベトナムは、日本の亡命犯罪件数で初めて1位

日本のベトナム在住者の急増に伴い、2017年に外国の非永住者が犯した犯罪のうち、外国人が犯した犯罪の数が初めてになったという警察のデータが明らかになった。


国籍別にみると、警察はベトナム人が犯した5,140件の犯罪を記録し、前年の3,177件から30.2%に増加した。中国警察庁のデータによると、2017年には4701件の刑事事件で2番目になった中国が第1位を占めていた。



ベトナムの非永住者は、2008年から2017年にかけて6倍以上に増加し、26万人に達し、東南アジア諸国からの外国人の犯罪も増加した。万引きは2,037件に過ぎず、窃盗事件は2017年に325件になり、前年のわずか12件から増加しました。


米軍兵士以外の外国の非永住者が犯した犯罪の総数は17,006人で、前年より20.3%増加した。ブラジルは1,058件で3位、韓国が1,038件であった。


犯行者数は中国がトップに、3,159人、ベトナムが2,549人だった。外国人犯罪者の総数は10,828人で、前年より7.1%増加した。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com