Loading...

Mar 14, 2018

日本の財務省は、安倍事件に関連した文書の改ざんを認めている



与野党の議員らは、安倍晋三首相の席上で、小泉純一郎首相が幹事長に釈明したことを受けて、


野党の圧力が高まり、麻生太郎財務大臣が安倍晋三首相の辞任を要求したことを受け、首相に激しい打撃を与えた2012。


偽造された記録は、2016年6月に、大阪の国有地帯を、安倍氏の妻アキーと提携している学校運営者のモリトモ学園に大量に売却する取り引きに関するものである。彼女は当初、現場に建設される予定の小学校の名誉校長に任命されたが、スキャンダルが明らかになった後に辞任した。



昨年2月に浮上し、安倍氏の支持率を下押しした森富屋事件は、3月2日に大量の土地売却価格が「例外的」であったという記述を取り除くため、 "


自民党の高官は、昨年2月の事件が明らかになった後、元文書のうち14書が省庁によって書き直されたと述べた。


シニア政府関係者は、元の文書に阿部昭氏の名前が現れたが削除されたと語った。



この問題に近い筋によると、昨年2月から4月までの間、司法省の命令に従い文書が改ざんされ、後に国会議員に開示された版でいくつかの政治家の名前が消されたという。


野党の要請を受けて、木曜日、木曜日、木曜日、国会は「元の文書」の写しであると主張した内容を国会に提出した。


しかし、昨年、議員に提供された書類と本質的に同じであり、同省は朝日新聞の報道内容が改訂されたかどうかを明らかにしなかった。



国家税務調査を担当していた佐川信久国税庁長官は、国会議論の混乱を招いたため、不安定な国家資産取引の論争が浮上する中で、金曜日に辞任した。


同氏は、財務省の財務局長を務めている間、疑惑のある議会発言を行った疑いで圧力を受けていた。情報源によると、この問題に関する国会の質問に対する佐川の回答と一致するように文書が変更された。


問題の国有地は、大阪府豊中市で、モリトモに約1億3,300万円(125万ドル)の小学校建設のために売却された敷地面積8,770平方メートルで、評価額は956百万円。


検察は、不当に安い価格で売却した疑いが持たれ、維持されるべき交渉記録を破棄し、大阪に本部を置く近畿局の関係者を調査している。


同省は埋蔵廃棄物の処分費用を考慮して大幅に割引価格を計算したと主張している。しかし、学校関係者は、学校での阿部昭の役割を考慮して価格を引き下げた疑いがある。


論争の激しい土地売却の際に学校運営者を率いた金子康則氏と妻Junko氏は、無関係の補助金詐欺罪で起訴された。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com