Loading...

Nov 29, 2017

日本での組立に赤ちゃんを連れてきた議員は書面による警告を受ける



日本の市議会は、7カ月の赤ちゃんを集会場に連れて先週、騒動を起こした議員にルール違反の警告を発することを決めた。


熊本市議会議員は、昨年11月22日に息子を抱きながら席を取った緒方由佳さん(42)が、


緒方さんは、議会に遅れを出すことを謝罪しました。彼女は早くから、組職がキャリアと子どもを虐待している女性にとって友好的になることを期待して、赤ちゃんを連れてきたと主張していた。


喧嘩の後、約40分遅れてセッションが始まりました。緒方さんは、結局セッションに出る前に、彼女の心を変えて、友人と一緒に赤ちゃんを去らせるように説得されました。


緒方さんは昨年、妊娠してから赤ちゃんを連れて行くことができるかどうか、組織事務所に尋ねているという。しかし、肯定的な返答を得ることができなかったので、彼女は彼女と一緒に息子を連れて行くことにしました。


組合の規則では、組合員でない人は誰でも、セッション中に組立階に入ることができないオブザーバーとみなされます。


参加者は、水曜日の議会運営委員会で、ルール作成の立場にある議員は、組立ルールに違反してはならないと述べた。


女性が政治について語るグループを率いた弁護士の太田恵子は、「女性は両方とも管理することができる環境を積極的に提示する責任を負っている」と付け加えた。 "


安倍晋三首相の政府は、特に出産後、働く女性の条件を改善しようとしている。しかし、世界経済フォーラムが今月発表した世界のジェンダー格差に関する報告によると、先進国の中でも最悪の国の一つである144カ国のうち、第114位に入っている。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿