Loading...

Apr 14, 2018

日本は2017年に大麻症例が記録され、青少年の関与が急増した

警察庁は、2017年にマリファナに関連した人口が3,008人で、前年より472人増加したと発表した。


このデータは、20歳未満の人々を悩ませている大麻の大量虐殺事例の顕著な増加を示しており、若者の間での薬物使用の普及が懸念されています。


(警察によって押収されたカニビスとマリファナ)


10万人あたり警察に注目された人の数は、2013年から2017年には3.0倍に増えたが、14歳から19歳の人口は0.8人から4.1倍に増加し、20歳代の人口は5倍以上増加した4.8から9.4へ。


40歳代と50歳代の人口は全体の3.0倍を下回り、それぞれ1.8倍と0.3倍になった。


昨年の調査では、約500人がマリファナ関連症例に関与しているとの調査が行われ、約30%の回答者がマリファナの使用は危険であると回答したのに対し、覚せい剤の約70%


40代の回答者の42.9%がマリファナを好奇心から使い始めたと答えたが、20歳以下の人は66.3%も同じ動機を挙げた。


「対策が強化された、いわゆる「危険な薬」を使用している人々の数が減少したために、より多くの人々がマリファナに移行している可能性がある」とある政府機関関係者が語った。


日本政府は危険な薬を、幻覚や覚醒剤を含む化学物質を含むものと定義しています。



すべての年齢層で、63.7%が仲間の影響を受けてマリファナを使い始めたと答えたのに対し、22.6%は他者から独立して試してみることにしました。


20歳未満の回答者の80%以上が、20代の約70%、30代の約50%と比較して、薬物を提供されていると答えた。


警察の注意を引いたケースのうち、2,505人がマリファナを所持しており、168人が取引に関与し、67人が密輸、138人が栽培されていた。


警察は、日本の犯罪組織がベトナムの犯罪グループと提携してマリファナを育てるケースを具体的に挙げている。


昨年、警察は麻薬関連の事件で13,542人に対して措置をとった。覚せい剤の薬の調査で調べた数字は、前年度からわずかに10,113に減少しました。コカインに特有の事例は、2013年から177年にかけておよそ4倍の増加を見せた。


当局が押収した覚せい剤は、昨年1111キロで2年連続1000キロを上回った。エクスタシーとしてよく知られている薬物の成分であるMDMAを含む合成薬物は、3,181錠とコカイン9.6kgで立っていました。



@京堂


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿