Loading...

Dec 5, 2017

国連は、日本の核廃絶運動を採択したが、

ニューヨークで開かれた国連総会では、日本の反核決議案を幅広く支持したが、核兵器廃絶の背後にある認識の中で、


日本から24年連続で提出されたこの動きは、昨年より11ポイント減の156カ国に支持された。中国、北朝鮮、ロシア、シリアなど昨年と同じ4カ国に反対し、24人が棄権し、8人が棄権した。


(国連)


今年の投票は、核兵器禁止を初めて禁止する核兵器禁止条約の7月7日の採択を背景に行われた。その支持者たちは、日本の最新の決議案の文章を常に批判し、その言葉は以前の合意に逆戻りし、禁止条約について言及していない。


とりわけ、核軍縮を促進し、核不拡散体制を強化するために、国際緊張緩和と国家間の信頼関係を強化することにより、核兵器の完全な排除を目指して、 "


一方、匿名を要求した核保有国の当局者は、改訂されたテキストを通じて、東京が「世界で実際に起こっていることを反映する」と賞賛した。


東京では、河野太郎外相は、核兵器禁止条約や米国、英国、フランスに95カ国が同意したことを受け、決議支持の幅を強調した。


「核軍縮と国際連合への提出された核不拡散運動の中で、日本は様々な立場を取っている国からの支持を得ている」と記者会見で語った。


ノーベル平和賞は、セツコ・サーロウのような原爆被爆者の窮状を強調した活動のために、核兵器廃絶キャンペーンに授与された10月に、特別協定が強化された。彼女はしばしば国連で講演し、オスロ賞の授賞式に出席した人たちの中にいます。


10月下旬の国連委員会は、144議席の投票権を得て、4回の投票無しと27回の棄権を行った。総選挙では、フィジー、バヌアツ、シエラレオネ、ガンビアなど、賛成票を投じた委員会の投票には出席していない国が多いため、多数の投票があった。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿