Loading...

Dec 20, 2017

2018年10月に新東京の魚市場開店


首都圏と企業が設立した協議会では、2018年10月11日に豊洲市の水辺エリアに築地の魚市場を置き換える新しい魚市場が開設されると発表した。


築地の市場はもともと昨年11月、東京都江東区の新しい場所に移転する予定だった。しかし、昨年8月に就任した小池百合子東京総裁は、以前はガス生産工場として使われていた新サイトの有害化学物質の懸念から、このプロジェクトにブレーキをかけた。


首都圏、地方区、企業は、プロジェクトの意見が相反しているため、日付を設定するのが難しいと感じました。長きにわたる交渉は、2020年の東京オリンピックとパラリンピックの輸送の拠点として築地の利用計画が遅れる可能性を懸念していた。


公害問題に取り組むための追加の安全建設作業のために、9つの入札が承認された。


首都圏政府は、残りの建設工事の請負業者を指定して、その年内にすべての契約を締結し、来年7月末までにすべての作業を完了することを目指す。


東京都は既に東京ガス工場が占有していた豊洲地区に施設を建設している。


しかし、新しい場所の主要建物が汚れに対抗するために行われたはずだった厚いクリーン土壌層の代わりに中空コンクリート室に建設されたことが分かったため、懸念が高まった。


豊水市の地下水では、飲料水の公的規制値を大幅に上回るベンゼンを含む有害化学物質が検出された。


6月、小池は築地の魚市場を食品のテーマパークに再開発する計画を発表した。しかし、再開発された築地跡地との競争により、豊洲地区に設置される観光施設の運営者が不採算になる可能性がある場合には、撤退を脅しているため、計画は荒れ果てる可能性がある。




©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿