Loading...

Nov 23, 2017

サンフランシスコ市長は「慰安婦」像を受け入れることに同意する



サンフランシスコ - サンフランシスコのエドウィン・リー市長は、水曜日、日本軍の戦場の売春宿に強制された韓国をはじめとするアジアの女性を象徴する像を受け入れることを公式に文書化したと発表した。




日本政府は、李氏にこの彫像を受け入れないよう呼びかけた。大阪市は、吉村博文市長が先週米国市議会がこの像を受け入れる動きを拒否しない限り、サンフランシスコとの姉妹都市提携を解除することが明らかになったようだ。


3人の中国人、韓国人、フィリピン人の女の子たちの像が、9月にサンフランシスコのチャイナタウンにある慰安婦を称える記念碑として地元の民間団体によって設立されました。


米国の他の「慰安婦」記念碑には、カリフォルニア州南部のグレンデールにある像とバージニア州の記念碑があります。


2015年に日本と韓国は、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に」解決する画期的な取り決めに達し、日本は昨年、慰安婦とその家族に支援を提供する韓国の基金に10億円(890万ドル)を支払った。


しかし、ムン・ジェイン新韓国大統領の政権は、「国民の大多数が、慰安婦協定を感情的なレベルで承認しない」と主張している。

大阪とサンフランシスコは1957年に高校生交流やその他のプログラムを開始して姉妹都市関係を結んだ。


大阪市長は、サンフランシスコがこの像を受け入れると、信頼関係を損なう恐れがあると警告している。


安倍晋三首相は、サンフランシスコの議会がこの賞を受け入れたことは「非常に残念だ」と述べた。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com