Loading...

Apr 3, 2018

塩釜神社の花見照明イベント

4月13日(金)、4月14日(土)、神社敷地内の午後6時30分から午後8時30分まで、塩釜神社では夜の花火照明イベントが開催されます。

ウェブサイトによると、昨年のイベントでは、鮮やかな桜の木だけでなく、駅前の醸造所や塩蔵の地元の雑貨店で事前に支払った少額の酒の試飲も含まれていた。今回のフライヤーによると、本郷駅では3つの地元の醸造所を含めて、今年は複製が予定されています。飲酒イベントは、無料の神社に基づくイベントより1時間早く始まり、終了する。

次のイベントのステージの1つ。
昨年、私はこのイベントの詳細をあらかじめ聞いておらず、とにかく行くことはできませんでした。そのような夕べは、子供を育てたり起きているときに必ずしも経済的ではない。それは、私たちの兄が町にいて、娘が小さい2014年に発生する前に、このイベントを宣伝するポスターに起こったということでした。町を私の家族に見せなければならないという言い方を考えれば、私は美しい夕方を歩き回るエネルギーを見つけ、結果は魔法のようでした。


これほど数週間後、暗闇の中で、ライブ琴演奏の旋律のようなメロディーが、あなたがサクラの輝かしい美しさを目の当たりにしてあなたを元に戻してくれる。

残念なことに、このイベントの写真は時間と不自然なデータ検索で食べられましたが、私がそれから覚えていることはかなり価値があったのです。興味のあるゲストは、夜を楽しむために神社まで歩いて行くだけです。

フライヤーの裏側にあるこの地図が示すように、イベントを通じた能動的な演奏を行う4つのステージがあります。第1ステージは正門にあり、神社の施設への主要入り口を構成する202階段の石段の前にあります。 2つは神社内に位置していますが、神社地区と花見エリアを見下ろす庭園の間にあるこのブログの冒頭に描かれた広場には最後のものがあります。


今年のフライヤーによって提供されたプログラムリストで、様々な伝統的なフルートを含む多くの公演が行われています。
出席は無料ですが、照明を提供した団体に寄付をすることをお勧めします。以前は寄付を受け入れるための瓶は、第4段階近くの折り畳み台にありました。ボランティアは、電気ランタンを手渡していましたパスに沿って訪問者を案内します。これらのランタンは賃貸していましたが、私たちは土地を出る前にそれらを元通りに戻さなければなりませんでした。可能であれば、ランタンはおそらく数年前と同じように使用され、返却されることを意図しています。


だから、夕方には素敵なサクラが咲くのを見たいなら、これはあなたのためのイベントです。ただ、仙台からHonshiogama駅(30分、320円)にSensekiラインをたどると、その後から、私の指示に従ってくださいこのブログの記事 。すぐにあなたは美しい環境と楽しい演奏に魅了されるでしょう。

By JTsuzuki
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿