Loading...

Dec 31, 2017

遊園地が最後のフロンティアに達すると、ファンはスペースワールドに集まる



日本時間午前4時から、宇宙遊園地に入るために、ファンは27日の仕事を終えた。


福岡県北九州市に1990年4月にオープンしたスペースワールドは、1997年度のピーク時には216万人の利用客を抱えていた。しかし、顧客数は減少しており、運営者は2017年末に公園を閉鎖することに決めた。


午前8時に開園する前に玄関前に並んでいる子供のいる家族の中に、山口県の近所の大学院生である荒俣真吾さん(26)が、午前4時ごろ、友人たちと待っていました。


荒巻は、自分の年齢とほぼ同じ時期にSpace Worldが稼動していることを銘記し、「私は成年式もありましたが、公園が閉鎖されることは残念ですが、私はそれを完全に楽しんでいきたい今日。"


米スペースシャトルディスカバリーの60メートルのレプリカは新日本製鐵の八幡製鉄所で未使用のロットに建設された遊園地のシンボルとなった。新日本製鐵と住友金属の前身である同社は、鉄鋼製品の需要低迷の中で事業の多角化を図りました。


2016年11月、Space Worldは、スケートリンクの氷上で約5,000匹の魚を凍らせるための岩場を描きました。海上スケートの印象を与えることを望んでいたが、代わりに魅力が残酷で味が悪いという苦情が浮上した。当時のオンライン噂では、オペレーターが地元の市場で魚を買ったにもかかわらず、魚が生き残ったと主張していた。


遊園地は大晦日の花火大会を開催する予定で、月曜日の午前2時に正式に閉会する。




©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿