Loading...

Feb 3, 2018

日本の反撃は、

日本の最近の禁煙計画では、肺がん患者やその他の活動家の間では、抜け穴があり、レストランやバーの顧客は照明をつけているという基本的な批判を浴びせた。


タバコやレストラン業界の強い反発により、2020年の東京オリンピックとパラリンピックの前に公共スペースでの受動喫煙を防ぐために全屋内喫煙禁止を導入するという当初の目標から、健康省が先週火曜日に発表した計画は、


日本の反撃は、 photo


日本はたばこ規制の面で最下位に位置し、屋内公共空間を対象とする禁煙法はない。この新しい措置は、未成年者と病院の患者を間接喫煙から守ることになるが、そうすることで、世界保健機構が調査した8種類の公共施設のうち、防犯対策を測定する4つのみが対象となる。


英国、カナダ、ロシア、ブラジル(最近のオリンピック大会開催国)などの55カ国は、すでに学校、医療機関、オフィス、レストラン、バー、公共交通機関などの8つの公共の場所すべてで屋内喫煙を禁止しています。


肺がん患者のグループは、喫煙規制を強化する世界的な傾向の「復活」であり、最新の政府計画に激しく抗議している。日本では、人口の80%以上が非喫煙者であり、間接喫煙で毎年1万5000人が死亡していると、保健省によると、


しかし、厚生労働省の高橋徳明高官は、タバコの支援を受けて与党自民党の議会で厳しい法案が拒否されるなど、穏やかな計画で「第一歩を踏み出す」必要がある、レストラン業界。自民党の一部のメンバーは、「喫煙する権利」を認めるよう、省庁に要請した。


小林は17年前、日本のレストラン経営者やその他の施設運営者に間接喫煙防止のための "努力"を促す法案を作成した。当時、彼は喫煙前の自民党と反法執行機関の両方に対して、より厳しい規制を求めて非難された。


日本の反撃は、 photo



保健省は、自民党との交渉を経て、喫煙者が食事や飲み物を提供しない特別な部屋を設置すれば、レストランやバーで喫煙を許可するという新たな計画のもとで妥協を決めた。


現在、独立した喫煙場所の設置要件から免除されるレストランやバーの範囲について、自民党と交渉している。


当初、床面積30㎡までの飲食店の免除を予定していましたが、床面積150㎡までの範囲に拡大しています。


免除された施設では、喫煙スペースであることを示す看板がついていれば、喫煙が許可されます。喫煙者は、タバコを嫌う顧客はこれらの場所に入らないと言います。


しかし、日本肺癌同盟の会長である長谷川和夫氏は、彼のグループの調査によると、消極的にこのような施設に行き、受動喫煙に苦しんでいることが明らかになった。

「患者のアンケートによると、多くの人々は、上司や顧客が、別れや年末年始のような機会に喫煙が許可されているレストランに行くというリクエストを断るのが難しいことを発見しました。


日本の反撃は、 photo


日本の伝統的な「居酒屋」チェーンでは、顧客に飲み物や軽食を提供していました。


全国400軒以上のレストランを運営するワタミは、すでに一部の店舗で「喫煙ボックス」を設置しているが、ほとんどの施設で喫煙者の座席と非喫煙者の座席を分けるだけである。


ワタミ当局者は、新規則では納得していないが、確定した時点で同社に従うと述べた。


別の居酒屋事業者であるモンテローザ社(Monteroza Co.)は、「特別な喫煙場所を設置しなければならない飲食店の基準が明確に定められていない限り、行動を起こすことはできない」と述べた。


一方、日本全国に1000店舗を超えるイタリアのレストランチェーン「サイゼリヤ」は、基本的に2019年9月までに喫煙を禁止すると述べた。


喫煙禁止がレストランやバーの売り上げに影響を与えるかどうかは疑問が残っています。


日本の反撃は、 photo


米国国立がん研究所やその他の団体は先進国のいくつかの調査を分析した結果、昨年、喫煙の禁止が顧客を減少させず、他の場所へ行く必要のある喫煙者の生産性を低下させないと結論した。


2020年オリンピックを開催する東京都は、来年のラグビーワールドカップ開催前に、国家計画よりも厳しいタバコ規制措置を検討していた。


改革志向の小池百合子東京総理大臣は、昨年9月、公共の場で全屋内喫煙禁止を導入するとの基本計画を発表したが、30平方メートルまでのレストラン・バーは免除される彼らがすべての従業員から喫煙環境で働くための同意を得た場合。


しかし、厳格な計画は、市民の支持を得て、今月下旬に召集される議会議事録を条例案として提出することを延期するよう、一般市民の支持よりも反対を強めた。


首相は、1月下旬に保健省の新措置が発表される前でさえ、2月の首都会議に厳格な防犯計画を提出するかどうかを躊躇しているという。


昨年10月の総選挙前に希望野党を設立した際に、安倍晋三首相に挑戦してきた小池氏は、党の政治的影響力が急速に衰えたとみている。彼女は後で党の首席を辞任した。


東京都の関係者は、「(防犯対策)条例が拒否されれば政治的な仕事は終結するだろう」と述べた。


東京都では、予定されているたばこ規制を緩和し、ビジネスに悪影響を及ぼす可能性があると懸念する個人が経営するレストランやバーで受け入れられるようになっている。


肺癌患者グループの長谷川氏はこのような動きを嘆いた。 「(東京は)本当にオリンピック開催の権利があるのだろうか」と彼は言った。



@京堂


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com