Loading...

Dec 19, 2017

日本は北朝鮮の脅威の中で新たなミサイル防衛を導入することを決定

政府は、米国が開発した陸上イージスミサイル防衛システムを導入し、急速に進んでいる北朝鮮の核・ミサイル計画に対する日本の防衛を強化することを決めた。


政府は、2023年度までに全国をカバーするために、2つのエージス・アショア(Aegis Ashore)システムを導入する予定である。各システムの購入費用は、少なくとも1000億円(888百万ドル)になる可能性があるという。


日本は北朝鮮の脅威の中で新たなミサイル防衛を導入することを決定 photo

(韓国メディア)


日本はすでに、ミサイル防衛の2つの層を持っています。海上自衛隊のイージス艦は、スタンダードミサイル3迎撃機と航空自衛隊の地上偵察機「パトリオット高度能力3」迎撃機を装備しています。


しかし、政府は、防衛施設を設置したシステムが、イージス駆逐艦の海上操作と比較して、ミサイル迎撃の準備において自衛隊の作業負荷を軽減すると考えて、新たな保護層を追加することに決めた。


政府は、北朝鮮の核・ミサイル開発が日本の安全保障に「新たな脅威」をもたらしていることを指摘し、政府は火曜日に内閣が支持した文書で「我が国を守るために弾道ミサイル防衛力を根本的に改善する必要がある時間と持続可能な方法で。


Aegis Ashoreは、軍艦、レーダー、コンピュータ、ミサイルのために開発されたAegis戦闘システムの陸上ベースのバージョンです。国防総省はまた、ターミナル高地防衛である米国の反ミサイル防衛システムについても研究したが、コスト効果などの理由でイージス・アショアを選択したという。


エージス・アショア(Aegis Ashore)の導入を早急に進めるため、今年度の補足予算で情報収集活動のために28億円の予算を設定する計画だ。設計費と研究費をカバーするため、来年度の予算で7億3000万円を求めている。


「最終的なコストはどうなるのかは分からないが、弾道ミサイル防衛問題を早急かつ早急に処理すべきだという公聴会を経て、できるだけ早い時期に(Aegis Ashoreを導入する)小野寺一之国防相は記者会見で語った。


昨年8月に行われた2018年度予算案では、過去最高の5.26兆円に達したが、実際の金額は不明のままで新たなミサイル防衛システムを導入する資金を求めている。


買収計画は2013年後半に作成された最新の国防政策ガイドラインには記載されていないため、政府はこの決定について内閣の承認を求めることにした。


イージス・アショアは主に地上自衛隊によって運営されます。新たに開発されたSM-3 Block 2A迎撃装置を装備し、SM-3と比較して防御カバレッジと精度を向上させます。


政府は施設の選択を開始する予定だが、近くに住む住民の間では、電波が強く放射されるため配備が心配する可能性がある。


この問題に近い筋によると、政府は秋田と山口県をイージス・アショア施設を設置する候補地と考えているという。


日本は、昨年、北朝鮮がミサイルを前例のない頻度で試射し、モバイルランチャーを使って突然の攻撃を行う能力を向上させて、ミサイル盾を強化する必要性が増していると感じている。


同省によれば、この新しいシステムが、突発攻撃や飽和攻撃に対処する能力を大幅に向上させると我々は考えている。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com