Loading...

Oct 21, 2017

日本の城の前にアップル製のウキョウヨウの印刷イメージ

青森県の弘前市にある日本の城の前に、約3万本のリンゴでできた巨大な浮世絵のイメージが展示されました。



ウイキョウ師の著書である有明な木版画のイメージは、5色のリンゴを使って、弘前城と紅葉フェスティバルのために市民によって17メートル×9メートルの大きさで作られました日本東北部で開催されました。


午後9時から午後9時まで弘前公園で展示された「俳優大谷君子III八神江戸家」の象徴的な作品に使用されているリンゴは、10月29日まで夜間照明サービスで搾り出される。入場料は大人は310円、子供は100円です。

市政府関係者は、黄色、緑色、赤色のリンゴを遠くから見て、全体の画像を観察するだけでなく、香りを楽しむために作品に近づくことを訪問者に勧めました。


静岡県の栄養士で26歳の後藤玉男さんは、「私はそれが近づいたときにリンゴから作られたことを知って驚いた。 「カラフルなリンゴは、青森を代表するディスプレイです」




©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com