Loading...

Mar 9, 2018

日本郵便は、自己運転の配達車を試運転を開始する



日本郵船は来週東京の公道で自家用車を試乗し、2020年までにドライバー不足に備えて艦隊を導入する予定だ。


裁判に先立ち、同社は水曜日に東京本社で式典を行い、近くの公道で自家用車を実演した。


横山邦夫日本大統領は、この式典で、持続可能な方法で配送サービスを提供する「社会的責任」があると述べた。 「自家用車の導入は喫緊の課題です。


この試験では、自治車が霞が関の東京都心部の本社から出発し、銀座周辺の郵便局まで約2キロ走り、途中の別の郵便局に停車する。


日本郵政公社は、デモが安全に行われるように、従業員は運転席にいると述べた。


同社は最終的に、郵便局間の配達に自走車を使用することを目指している。 Aisan Technology Co.などの自動運転技術を開発している企業がこのプロジェクトに協力しています。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com