Loading...

Dec 16, 2017

長野ドライブスルー葬儀場

長野ドライブスルー葬儀場 photo


長野県では、運転手が窓から出てくる葬儀場が日曜日に開かれ、恋人は車から出ることなく敬意を表する。


中部の中部の都市である上田市の愛染堂の葬儀場の運営者は、ドライブスルーの窓は日本で初めてだと語った。


高齢者や障害者が葬儀に出席することを主目的としていますが、将来的には短期間に人々が使用することもあります。


長野ドライブスルー葬儀場 photo


土曜日に家を訪れていた時、地元住民たちは町の最新の技術革新を見て回った。


ドライブ・スルー・モーラーは窓の隣に車を止めて、受付担当者が自分の名前と住所を入力することができます。


弔い人たちは弔慰金を引き渡し、死者の休息のための香を提供する。通常、定期的な仏教の葬式では、祭壇で儀式が行われます。


長野ドライブスルー葬儀場 photo


ドライブ・スルー・モーナーの顔とその香の提供は、葬儀場内のモニターに表示され、誰が出席したのかをメモすることができます。


「葬儀に参加した人の気持ちに応えていいからいい」と小倉和弘さん(30)がツアーに参加した後、


「葬儀に来ているという事実は、たとえ彼らが車から出ていなくても大丈夫だろう」と彼は付け加えた。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com