Loading...

Oct 18, 2017

ASDFチョッパーが日本中部を墜落した後、乗組員を探し続ける



日本の航空・海上自衛隊は、前日に浜松から墜落したASDFチョッパーで行方不明になった乗組員4人を探し、3人のヘルメットを発見した。


自衛隊の浜松基地からの夜間捜索救助訓練のため、離陸後10分ほどでUH-60Jチョッパーが消えた。行方不明の人には、42歳の飛行士である花浦明博が含まれる。


(航空自衛隊のウェブサイト)


火曜日、ヘリコプターが落ちたと思われる海には、ASDF、タイヤ、テールローターという文字が書かれた扉などのチョッパーからの破片が回収された。


自衛隊は午後5時51分午後5時51分に基地を出発した。


チョッパーは、浜松基地の南約30キロメートルの午後6時2分に、レーダーから姿を消した。


ヘリコプターは2015年10月に配備され、8月下旬に定期検査に合格した。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿