Loading...

Jan 11, 2018

AI搭載ロボットイボイボの販売を開始



ソニーは、昨年、先行予約をしたバイヤーに、アイボロボット犬を装備した新型人工知能ロボットを日本で発売した。


エレクトロニクスの巨人は、2006年に中止された前任者のアップグレードである新しいアイボが、販売台数を明らかにしていないが、3回にわたるすべての予約で完売したと語った。


約30人が東京のソニー本社の記念イベントに出席し、アイボスを受け取った。


息子と一緒に40代の女性は、彼女が「家族の新しいメンバー」としてアイボを歓迎するために「興奮していた」と言いました。 50代の男性は、妻のためにロボット犬を買って、結婚25周年を祝うと言いました。



ソニーのAIロボット事業グループのリーダーである川西泉氏は、新しいオーナーがアイボスを愛されて世話することを期待していると語った。


日本でしか入手できないが、平井和夫最高経営責任者(CEO)は今週、米国と中国を含む他の市場でのリリースも検討していると述べた。


アイボは、所有者と環境を識別するために、2つのカメラを使用します.1つはカメラの鼻に、もう1つはテールの上に搭載されています。ボディーランゲージ、吠え声と大きなデジタルアイを介して表現されています。


クラウドベースのAIは、アイボが賞賛、笑顔、ペッティングなどの愛情に反応し、時間が経つにつれてその行動を形作ることを可能にします。モバイルデバイスの付随アプリケーションは、所有者がロボットの犬が撮影した写真や新しいトリックをダウンロードできるようにします。


これには税金を除く198,000円(1,750ドル)の価格タグと、3年間のクラウドサブスクリプションサービスのための90,000円が含まれています。


次のバイヤーは宝くじで選ばれるという。


アイボは、ソニーの本社以外にも、金曜日のラスベガスでの国際家電展示会や、東京の渋谷・銀座のショッピング街のショールームに展示されている。




©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com