Loading...

Nov 6, 2017

日本の野菜から作られたスピーカーは、リスナーのための正しい音符を打つ



東京都北区の栃木県のボウル・ひょうたんで作られたスピーカーは、音響効果がよく、かわいい外観でリスナーを引き付け、アニメキャラクターのように見せています。


寿司ロールに使用されたひょうたんの最大生産国である栃木のカーオーディオシステムメーカーは、植物を「fukube」として日本の地元農家と協力して、2013年に「fucucchi」というスピーカーを開発しました。


「オースティン市のユニークな講演者であるSound Tec Takahashi Denkiの社長、高橋昭氏(67)は、「世界中の楽器を作るために、瓢箪が使われてきました。


「このシステムのスピーカーがオーディオシステムに興味を持っていなくても、音質を体験してほしい」と彼は付け加えた。高橋はボトルひょうたんを使う考えを思いつき、自然の産物が音を作り出す可能性を実感しました。


タカハシと提携している農家が栽培し収穫し、肉を掬い取る前に約2年間乾燥させる。次に、2つのスピーカーユニットが、文字の丸い目のように見えるように、ひょうたんに取り付けられます。



その後、2本の脚がひょうたんの底に付けられ、最終的な製品はゆっくりとしたイメージの「ルーズキャラクター」の人気のマスコットである「ユールキャラ」のように見えます。


太い皮を持つ大きなひょうたんは、長い距離を移動できる低音を作ります。 「特に弦楽器の音を聞いてみると良い」と高橋は語った。


スピーカーの価格は、そのサイズに応じて、160,000円(1,400ドル)から230,000円に及ぶ。この製品のオンラインショッピングサイトは、9月末に「Blue Star Sounds」のブランドで開始されました。毎年300頭のひょうたんスピーカーのみが販売されています。


「これまで培ってきた音のノウハウを活かして、栃木の農産物を宣伝することができれば嬉しく思っています」と高橋氏は言いました。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿